2024年06月11日(火)

   3月から6月までの間は食事づくりや睡眠やラジオ体操をしながら体調を整えた。
   自宅の長久手から知多半島の常滑までの道のりを車で通ったからだ。
   3月から始まった月2回の「初めての透明水彩画8回講座」は来週の1回を残すのみ。

   片道1時間半の道中は302号線を利用し、知多産業道路に入った終点からさらに一般道へ出て常滑に。
   座席に座りっぱなしで、ひたすら前方,信号,左右,に気を配っての運転だった。

   講座では岩崎先生の指導で、水彩は初めての人ばかり8人のお仲間と過ごす。
   皆さんも私も初めはおずおずと描いていたが、だんだん自信をもって描けるようになったのがうれしい。

   問題はこの後だ。一人でも絵を描くことが習慣化できるかどうか?
   毎回の課題が出されなくても、一人でそれを見つけて少しずつ描ける環境をつくりたい。
   スケッチブックや絵の具などを出しっ放しにできる場所があったっけ。


小屋のテラスの夜は暗くなる

夕暮れは色が見えにくい

コードを引いて電灯をつけた


   
   ついこの間のこと、時々でかける「千の風」で金属作家・盛林さんの個展があった。
   作品の中で目に留まったのはシンプルな照明器具、これ、いいかも!
   その場で購入させてもらい、いそいそと持ち帰ってからの行動は早い。
   隣の小屋のコンセントに延長コードをつなぎ、テラスのフェンスに吊るしてスイッチを入れた。
   一瞬にして光があふれる! すごいなあ。 作家さんにありがとうと心で呟いた。


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2024年04月28日(日)

織布で日差しを和らげるアトリエ

四月になって暑くも寒くもない季節になったのがありがたい。
徒歩で行けるところを中心に暮らしているが、たまには遠出もしたいな。
行けないけどこんな場所に行ってみたいときに「絵の世界」がある。

3月から月2回,計8回の限定講座「初めての透明水彩画」に通い始めた。
場所は知多半島の常滑市で、8人のお仲間と楽しく描いている。
透明水彩が難しいのは「待っていられない性格」のせいかも知れない。
ついつい塗り重ねて不透明になり、透き通った画面が作れないのだ。

悪戦苦闘しながら絵を描いているが、パステルを重ねると色が濁らない。
今は「絵って自由に描けばいいのかも?」と思う自分がいる。




透明水彩で描いてみた小さな絵

水彩教室の課題として描いた「筍と新タマネギ」

自宅の欅の庭に春が来た

自由に描いた、水彩の上にパステルで塗り重ねた「道」


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2024年03月22日(金)

    冬の間にやっていた「小屋とテラスのリフォーム」が終わった。
    いつもお願いしている田原さんと 相談しながら二人三脚で進めていった。
    今回は「空間の有効活用」として、敷地面積はそのままでいろいろな使いかたを考える。
    


4年前はパーゴラにジャスミンが絡みつく

屋根を作り入り口で庭と区切る

扉の裏板を収納棚として利用

屋根も壁もアクリル板,織布で光の調節


   

   テラスは2坪(4畳大)だが広々。隣家との境に使っていた板壁で 大きなテーブルが2つできた。
   小屋の中も奥行きの広い棚を作って 上下の空間に分ける。これで別の展示ができた。


上段は陶の立体作品シリーズ,下段はパノラマの絵

移動式棚板でグループ展示


   
    昨年の私の入院のために延期させていただいた企画展は、9月に予定している。
    それまでのんびりとアイデアを温め、楽しんで開きたいと心待ちしているこの頃です。


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2023年12月20日(水)

入り口の前でボーッと佇む看板娘

20年前は台所で糸や布を染めていた。
夢中で染めていると食事作りに差し支える。
庭で染めようかと思ったが、雨が降ると困る。
そこで知り合いの人に中古材で建ててもらった。

プロパンガスで煮炊きし業務用のシンク(中古)を設置し
その後も改装を重ねて今の形に落ち着いた。

数年前には役割を終えたプロパンガスとシンクを撤去し
黒ずんできた白い壁を塗り替えることに・・・
好きな緑系のペンキで塗ったら一挙に明るくなった。
小屋の役割をどうするか? いろいろ試みる。
 


小屋から庭を見る

展示コーナーは空っぽになり白いペンキを重ね塗りする


      
       中にあったモノは別のところに移し、小屋の中はガラーンとなった。
       来年から「小屋のぎゃらりー」として 新しい展示場所にする予定である。
       


小屋の外の展示だな


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2023年12月11日(月)

クマクラというメーカーの高機だった

3年前にアトリエに来た織機は、高さ,幅,奥行き,重量とも半端ない。

ある人から頼まれて引き取ったけど、織るまでの準備に時間がかかる。
そのために6mの縦糸を掛け、長い期間織り続けられるようにした。

困ったことは狭いアトリエがさらに狭くなったことだ。
うっかり動くとぶつかるし、存在感が半端ないから視界を遮るのだ。
それでも頑丈な織機の良さもあって、きっちりとした布に織りあがる。

つい最近、この織機を使いたいという人が現れてから急展開する。
岐阜県に住む 暮らしの中でモノづくりを営むご夫婦である。
とんとん拍子に話が進み、数日前に軽トラックで訪れてくださった。
大きすぎてドアから運び出せないので、一部を解体して出すことに・・・
無事にトラックに乗せられて遠ざかる姿に「これまでありがとう」と。

嫁入り先のアトリエは広々とした仕事場なので何の心配もない。
これからはアトリエを訪れる皆さんに可愛がってもらえるといいな。


              
        そして今、高機がなくなったここのアトリエは 印象が変わってしまった。
        もうぶつかることもないし、視線を遮るものがないのですっきりしている。

        年の瀬に一つの区切りをつけられてよかった! また新しい年を迎えよう。



Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

全 63 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4 ...13

次の5件 »