2021年07月18日(日)

  一昨日やっとコロナワクチン2回目の接種が終わった。
  これをきっかけに長久手市内から外に出ることを積極的に進めていこう。
  見に行きたい展示場所が次々に押し寄せてきたのだ。
  梅雨明けからりと晴れあがったので、4ケ月ぶりで瀬戸の隠れ家・ボーショ珈琲へ行く。


回廊式の二階ギャラリー

今日は個展の初日のせいかお客が多い。
ほの暗いカウンターに腰掛け、オーナーが丁寧に入れてくださったパプアニューギニアを飲む。

2階では「原風景」と題した磁器の器が並んでいた。
東京から瀬戸に来て陶芸を初歩から学び制作を続けている女性のモチーフがユニークだ。
滑走路や線路,ずらりと並んだ室外機,電柱,港の倉庫群,
ヘリコプター,ハサミ,ランプ・・・
これらの題材が冷たい磁器に描かれるとあたたかい。


蓋つきの湯飲み二客

器のファンがにぎやかに品定め後に購入して行った。
私は迷いに迷った末、実用性の高い器を選ぶ。

・湯飲みにお茶を入れ蓋に饅頭を一つと想定する。
・そうめんのつゆを入れ蓋に薬味を入れるのもいい。
・焼酎のお湯割りと蓋にはつまみを乗せるのも・・

こんな想像が働くのはリビングの絵柄のせいだ。


   
  熊本充子さんの個展「原風景」は8月8日まで、期間中の火,水を除く午後1~6時OPENです。


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2021年06月25日(金)

庭の手入れは絶え間のない仕事です

申し込んで1ケ月後の昨日、1回目のワクチン接種をした。
巷では副作用のことや接種後に死亡した人のことなど耳に入っている。

私はインフルエンザの予防接種はほぼ受けていない。
でも今回のワクチン接種は感染を個人的に軽くするということで
迷いながらも受けることにした。

東京も大阪もこれから増えそうな感じになってきた。
国民の反対意見があるのにオリンピックを強行するだろうから
次の感染の波は夏の終わりにやってくると思われる。


   長久手市のワクチン接種は65歳以上の高齢者対象に5月から始まっている。
   私もやっと番が来たので、市役所西庁舎での集団接種の様子を記すことにした。

   指定時間の20分前に入口を入ると、先客が10人ほどばらばらに座っていた。
   係りの人が1次の場所に行くようにと15分毎に案内をしてくださる。
   2階の大部屋で番号順(私は132番)に一人ずつ「新型コロナワクチン接種の予診票」の記入を確認される。
   とても丁寧な対応で、一人につき5分から15分をかけて聞き取りをする。
   終わったら次は医師が控えている場所で当日の体調などを確認された。

   接種コーナーへの呼び出しを待って上腕の筋肉注射は、ドキドキしたがチクッとした程度で終わった。
   接種後の反応を見るために会場で20分ほど交通安全等のテレビを見た。 
   最終コーナーでは、2回目の予約日と時間が3週間後の同時刻に決まってホッとした。

   そけから24時間副作用を含む反応を気にかけたが、 接種した腕は少し痛むが頭痛や倦怠感はなし。
   これからの3週間を体調を整えて過ごしたい。
   


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2021年05月18日(火)

弱っていた苗を植えたらバラの花が咲いたった

まだまだ遠くには行けないけど、家の周辺でそれなりに過ごしている。

7時半に起きて軽く朝食を食べた後、ユーチューブで
ラジオ体操第1と第2にとりかかる。

足が弱って困っていたがいい運動を見つけた。
20回がやっとだったスクワットだけど
3ケ月続けたら50回できるようになった。

大腿筋が太くなり歩くことに役立っている。
この後は天候によって優先順位が決まる。


    梅雨に入って不順なので晴れ間には庭の手入れだ。
    伸びる伸びる どんどん伸びる、コロナなんて関係ない生命力は気持ちいいなあ。
    体を動かすことを目標の一つにして庭仕事にとりかかる。
    土を掘ったり,重い石を運んだり(慎重にね),草花を植え替えたりして汗をかく。

    昼食の後はかなり気ままな時間を過ごしている。
    アトリエで機織りしたり,テレビを見ながら縫物をしてみたり・・・

    今日は2ケ月半ぶりにブログを書いてみたら雨が降ってきた。







Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2021年03月01日(月)

春の企画展

カテゴリー: ぎゃらりー

   やっと3月になったなあ、外へ出るのも楽しめるようになった。
   そしてシーンとしていたギャラリーにも、少しずつ人の気配が出てきたようだ。

   この春からギャラリーを丸ごと「季節の部屋」にしたいと思って、壁面や床に手持ちの作品を飾ってみた。
   まずは「春の部屋」から始め、ある方から頂いた御殿びなの7段飾りに困った。
   こんなに豪華なひな人形は初めてなので、あちこちで飾られている雛人形を参考にしながら設置する。
   現代のアート作品と違って日本古来の行事を伝える伝承のひな人形は、一定の様式にのっとって飾るのだ。

   昭和初期に作られた「御殿飾りのひな人形」のために一部屋を使い、飾りつけも大変だつた。
   現代はは住宅事情もあって簡略化され、御殿の代わりに金屏風となって人形の数も数体に減っている。
 


昨年の素描展のコンペ受賞作品4点

   

コロナ感染ですべてが自粛になった昨年は、ギャラリーもほぼ閉鎖状態だった。
人が訪れない中でひっそり展示していた素描作品を晴れて飾ってみた。
緊急事態宣言は今日解除されたけど、人出が戻るのは少しずつでいいな。
でも心地いい春の部屋はいつでもここにあるので、訪れていただけると嬉しいです。


昭和初期に作られたひな人形

組み立てた御殿は最上階に


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2020年12月13日(日)

   これまで徒歩10分以上の距離は車で出かけていた。
   目的地まで点から点の移動なので途中のことは気にも止まらない。
   車中から見る通行人はマスク着用なので、知っている人でも見分けがつかない。
   一方の私はマスクが嫌いなので遠距離,近距離を問わず、車中ではマスクなし。

   足が弱っていることを痛感して出来るだけ歩くようにしてみた。
   道を歩くのにマスクって必要なのかしらん? と思いつつ同調圧力も感じるし・・・
   マスク嫌いなので、人が近づいたら着用して通り過ぎたらはずすというのをこまめにやっている。
   マスクの数は10枚余を使い分けて、店や図書館などの施設では入店時のみ着用だ。

   散歩っていいなあ、目的地は気分次第で急がなくてもいいし。
   歩いていると知らない建物や店を見つけるし、車では走らなかった裏道は秘密の場所を探すのが楽しい。
   弱っていた足だけど、片道25分までなら何とか歩けるようになったのが嬉しいな。



図書館の時計台にかかる雲

杁ヶ池公園に夕日が差し込む


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

全 20 件中 1 〜 5 件目を表示 1, 2, 3, 4

次の5件 »