2022年12月09日(金)

新聞紙を敷いて並行して進める

暮らしの中でこれを済まさないと落ち着かない,忘れ物をしたみたい,ということがいくつかある。

一つには機織りをすること、もう30年も続いているなあ。

道路に面したアトリエの入り口近くに陣取ってラジカセの音楽を聴きながら織っていると、外を通る人の姿が見えたり会話も聞こえてたりで、かすかな社会参加をしている気分になる。
毎日繰り返していると横糸に使う糸の消費が増え、何だか生産活動をしているようで気分よし。

もう一つは最近になって始めた絵を描くことだ。

ありあわせの板やキャンバスに下地を塗っておき、乾いたら好きな色で全面を塗る。画面からイメージした風景を描くことが多いが、何かを見て描くわけではない。描き終わるまで予測はつかないが、それはそれで気楽なものだ。


        

      3つめは意識して取り掛からないとグダグダになることだ。
      つまりは苦手で気が進まないが、やらないと忘れ物をしたようで気持ちが悪い。

      ふと気づいたら足が弱って10分歩くのも億劫になり、米は5㎏、灯油缶は8㎏がやっとのこと。
      いつの間にこうなった? つまりは老化したってことだけど困ったな。
 
      そんなある日、新聞一面に載った広告写真に目が留まる。
      昔のテレビで活躍した大村崑さんがとても元気で若々しいのだ。
      ライザップの広告なんだけど「筋肉はいくつになっても鍛えられる」という文章も載っていた。

      この影響もあって身近なところを探し、ものは試しと「女性だけの30分カーブス」へ・・・。
      もう4ケ月近く通っているが、マシンの使い方や人の流れにもついていけるようになった。
      楽しいわけじゃないが、ここは我慢のしどころで何とか継続できている。
      成果としては、重いものを持ったり少し長く歩けたりという程度かな。


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2022年12月01日(木)

企画展「紙式4人展」はギャラリーいっぱいの動物たち


    
     今年10月の企画展は、岐阜市在住の男性作家4人の立体作品が展示された。
     段ボール紙,和紙,新聞紙でここまで力強いモノづくりができるのか? 

     「モノづくりをしないと生き生きした暮らしができない」という人たちに会ったこと、
     その制作の一端を見聞きできたことが何よりもありがたく思われた経験である。

     私はこれまで何をしてきたのだろう。
     毎日の暮らしに追われ、それなりに満足していたことがよかったことなのかなあ。
     企画展の最中にもっと自分なりの生き方(私にとっては表現活動)を見つけたいと思ったのだ。

     30数年続いた染織でのモノづくりはそこそこの域に入ったので、一旦ペースダウンしよう。
     糸という素材での表現には制約が多いのに、無理して絵を描くように織っていた。

     
     そうだ! 私は子どもの時から絵を描くことが好きだった。20代の初めまではね。
     人と比べたらこれといった才能はないけど、描くことそのものが楽しかった時代を思い出す。
     人と比べるのでなく(上手・下手にとらわれず)私にしか描けない絵って何だろう?
     難しいことは後にして、ひとまず描いてみた。

     小学校3年生まで暮らしていた「知多半島の丘陵とため池と海」、これが今でも焼き付いている。
     開発によって刻々と変化していく知多半島は、昔の姿を留めていない。
     ひょっとしたら私のイメージの中にしか存在しないのかもしれないけど・・・。    


のどかな秋の1日


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2022年09月29日(木)

欅舎20周年に

カテゴリー: ペンキ塗り

2回目のペンキ塗り替えでイメージが変わる

長久手に住んで37年目になる。

3階建ての自宅はいわゆる在来工法で建てられている。
棟梁は「俺の目の黒いうちは何があっても大丈夫だ!」
天災も大地震も何とか乗り越えるということか?
この37年間、全くびくともしなかった。

私は和風建築の奥ゆかしさだけでなく洋風も好き。
それで初期のペンキの色をこの緑系にしてみた。
木製のフェンスを付け植物を飾ると和洋折衷になった。

20年前から「欅舎」という屋号を看板にしてみた。
庭の欅の木とアトリエを組み合わせたつもりだ。


左の壁面をリフォーム工事して外壁も変化

窓の木の色をペンキで保護する


    
     それまでの閉鎖的な機織り工房に、外からの風が入ってきた。
     15年前から始まった「ながくてアートフェスティバル」というイベントである。
     主催者から誘っていただいて(アートでもないのにいいのかな?)と思いつつ参加させてもらった。

     初回から継続して参加するうちに、現代アート作家さんとのお付き合いが面白くなる。
     作家の作品を少しずつ購入する機会に恵まれ、建物の中が賑やかになってきた。

     数年前からのアートフェスティバルには、外部からの作家さんに展示していただけるようになった。
     4度目のペンキの色は、私の好きな深いエメラルドグリーンでまとまっている。


日が差すと明るい色になって華やぐ

日が陰るとシックな色合いとなる


     
    コロナが少し落ち着いてきたので、3年ぶりにギャラリーや庭と小屋で企画展を開けるのが嬉しい。


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2022年09月08日(木)

この看板で分かるかしら

道路沿いのアトリエにいると、時々ふらりと人が訪れる。
ここは車一台の車庫だったので道行く人には丸見えなのだ。

なんの表示もしていないせいか、お店だと思われたのだろう。
雑貨屋?コーヒーショップ?それとも・・・得体が知れない。

機織り工房として使っているので糸束や小道具が窓に置いてある。
ちょっと変わったインテリア風に思われるのか?。
恐縮していらっしゃる人に内部を案内すると納得して帰って行かれる。

先日のこと思い立って看板を作ってみた。
使い道のない板に大好きなエメラルドグリンのペンキを塗り、
針金作家・橋さんのアルミ作品をとじ付けてみた。
どちらも雨には強い素材なので安心だ。

その後は勢いがついてさらに二枚作ってみた。
はっきりした色と読みやすい文字の看板づくりは本当に楽しい。



建物の外壁にぶら下げる

庭への通路手前のフェンスに


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

2022年08月15日(月)

     昨日までの15日間、文化の家展示室に飾られていた「眠る美術博覧会」が終わった。
     5時から搬出には一人で数回運ぶ。キングは抱きかかえて,他の5点はかごに入れて車に乗せる。

     今回はた初回だったせいか、持ち運びの簡単な絵画が12点、立体は3点だった。
     やっぱり私は立体(特に彫刻)が好き、できたら大きい作品を飾ってほしいのだ。

     無事に帰還した「キングの降りた街」をそのまま小屋のギャラリーに展示する。     
     


背景の絵は30年前の長久手の町をイメージして、Kさんと私の共同制作

30年前の長久手の町は建物が少なく発展途上で道は曲がりくねって続く。

なだらかな丘に時計台のある「長久手中央図書館」が完成し印象的だった。

背景の絵はこれからも描き加えたい。
2005年開催の「愛・地球博」まではどこかのんびりした風景が続いていた。

でも今の長久手の町は都市化が進んで、建物も人も増えすぎだ感じ。
せめて絵の中ではストップさせよう。




     この4月から文化の家が市役所の生涯学習課に組み込まれたという。
     設立後25年近く文化の家のスタッフだけで独自に運営してきたので、双方とも試行錯誤だろう。
     住民から見ると、スタッフを含めて行政の一環としての活動が始まった感じがする。
 
     今回参加させてもらった「眠る美術博覧会」はアーティストではない企画者の発案だそうな。
     アーティストは自分の作品の発表が主だから、コレクターの作品の展示は考えないと思う。

     私はこの企画に大賛成だ。
     コレクターはアーティストの作品を購入してその活動を支援する影の力になると思う。
     この町に住み続けて制作をしていくのには、作品を購入できる場所と購入する人が多いといい。

     アーティストの視点だけではない、もっと公平な物の見方が始まったようだ。


Posted by 欅舍のひろ at :  パーマリンク

全 61 件中 21 〜 25 件目を表示 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8 ...13

« 前の5件 次の5件 »